いま、医療機関・福祉施設にとって一番の悩みは、やはり人材確保が思うようにいかないことでしょう。

人材確保のためには、人事制度や労務管理の整備が欠かせませんが、十分に行なわれていないところが多く、人事労務のさまざまな課題を抱えているのが現実です。

最近は労働基準監督署などの調査も活発に行なわれていますし、そもそも労働基準法などの労働法規の遵守がされていないような企業には人材は集まりません。

医療機関・福祉施設の経営者・担当者の方々には、人事労務に関する一定以上の知識が求められているのです。


最近では人事労務についてわかりやすく解説した書籍も増えましたから、経営者・担当者の方々がこれらの本を読めば、一定の人事労務に関する知識は得られます。

ただし、医療機関・福祉施設では一般企業と比べて人事労務について特殊な点がありますから、一般企業を対象とした書籍では理解しにくい点も多いでしょう。

私は10年ほど前から医療機関・福祉施設の人事労務についてのご相談やコンサルティングを行っていますが、医療機関・福祉施設の人事労務について、わかりやすく解説した書籍があれば経営者・担当者の方々がとても助かり、無用な労務トラブルなども減るのにと常々思っておりました。

しかし、医療機関・福祉施設の人事労務について"わかりやすく"書かれた書籍は、なぜか今まであまり出版されていません。

そこで、医療機関・福祉施設の人事労務に少しでもお役に立てることが出来ればと思い、「医療機関・福祉施設のための上手な人の雇い方・給料の払い方」という医療機関・福祉施設の人事労務に特化した書籍をこの度、出版いたしました。


この本を書くうえでコンセプトとしたのは、「医療機関・福祉施設において初めて人事労務の担当になった方でも、身につけておくべき人事労務のさまざまな知識を、わかりやすく書く」という点です。

そのため、職員の採用のしかたから労働時間管理、給与・残業代の適正な払い方、賃金制度や評価制度の考え方、労務トラブルの防止法まで、労働法規の基本的なルールや医療機関・福祉施設での応用のしかたを95項目に分類して解説しました。

また、わかりやすくするために1項目につき見開き2ページ完結とし、図解も多用してあります。


おかげさまで、医療機関・福祉施設の経営者・担当者の方々だけでなく、社会保険労務士の方々からも、わかりやすいと好評をいただいております。

ぜひ、この本を医療機関・福祉施設の人事制度や労務管理の整備の最初の一歩にお役立てください。

アマゾンでご購入される場合はこちら

お問合せ
TEL:0537-28-9935
 受付時間/ 9時〜17時
    (土日祝除く)
メールでのお問合せ